スネークゲームを最後までクリアするとこうなる

2013 年 04 月 24 日

最初期のアーケードゲームの「スネーク」を覚えているひとは、もうそれなりの歳かもしれません。

自分自身の体にぶつからないようにヘビの頭を操作しつつ、エサを食べてゆくだけのゲームですが、エサを食べれば食べるほど体が長くなるので、次第に避けるのが難しくなってゆくというゲームです。

このゲームをクリアすることなどできないと思っていましたが、Laughing Squid の記事によればロシアの掲示板で実際に体の長さがプレイ画面全体を覆い尽くしてクリアする GIF アニメがあったそうです。 [

snake

本当だ…。最後はこんなことになるのですね。平面を直線で埋め尽くすようになっていて、まるでヒルベルト曲線です。

実際のプレイは13分と17秒かかり、これはそれを2分少々のアニメに加速したものだそうです。

via Beating the Classic Arcade Game ‘Snake’ in a Mesmerizing Two-Minute Animated GIF | Laughing Squid

前の記事 次の記事
堀 正岳 (Masatake E. Hori)
2011年アルファブロガー・アワード受賞。ScanSnapアンバサダー。ブログLifehacking.jp管理人。著書に「ライフハック大全」「知的生活の設計」「リストの魔法」(KADOKAWA)など多数。理学博士。

Categories

Tags