堀 正岳

堀 E. 正岳。2011年アルファブロガー・アワード受賞。Evernote ライフスタイルアンバサダー。ScanSnapアンバサダー。この他のブログに、Lifehacking.jpClimate+を運営しています。

著書に「理系のためのクラウド知的生産術」」(講談社ブルーバックス)、「Evernoteオールインワンガイド」(インプレス・共著)、「iPhone習慣術」(インプレス・共著)、「モレスキン 「伝説のノート」活用術」(ダイヤモンド・共著)、「情報ダイエット仕事術」(大和書房)

ブロガーサミット 2013 に登壇しました

ブロガーサミット 2013 に登壇しました

ブロガーサミット2013のパネリストとして、第二セッション「個人ブログからブログメディアへ」に登壇しました。
僕は「ブログメディア」の書き手ではないのかもしれませんが、個人がメディア的に振る舞うことについてを中心にお話させていただいています。
特に Lifehacking.jp で紹介した World Domination Summit などについて触れようかと思っています。
イベント終了後、感想などを追加できればと思います。

[読書メモ] ガブリエル・ガルシア・マルケス「コレラの時代の愛」一夜目

[読書メモ] ガブリエル・ガルシア・マルケス「コレラの時代の愛」一夜目

1つの記事として読むことが可能な読書ログを書きたいとしばらく考えていました。 いわゆる書評ブログだと、一冊を読みきったあとで書かれることが多いのですが、最後まで読みきっていなくても、その過程も含めて記事にすることができると面白いですし、なにより何年もたってからもう一度その本について思い出す時に、印象の違いなどを自分で楽しむことができるというのが狙いです。...

これ一人で撮影していると信じられる? 作者が増殖してループするGIFアニメ

イスタンブール在住のアーティスト、Erdal Inci さんが作ったGIFアニメのループが奇妙で幻惑的でみているだけでおかしな気分になってきます。
このループ、全部作者が一人だけで撮影したものを編集してクローン人間が無数にいるかのような演出をしています。
無限にぴょこぴょこ階段を登り降りする男の姿がなんだかひょうきんで目が離せません。

東に西に、温泉からみた鳥取旅行計画:鳥取ブロガーツアー その13 #tottorip

東に西に、温泉からみた鳥取旅行計画:鳥取ブロガーツアー その13 #tottorip

鳥取ブロガーツアーでは、一泊目を三朝温泉の「旅館 大橋」に、二泊目は皆生(かいけ)温泉の「湯喜望 白扇」にお世話になりました。
この二つの温泉は鳥取を東西に旅をするときにちょうどいい立地にありますので、鳥取を訪問したいというかたは行き先と温泉の場所を確認してルートをつくるとよさそうです。
今回は鳥取と温泉に焦点を当てて、訪問した温泉二箇所の紹介をしたいと思います。

“Man of Steel” の予告編にみるヒーローとアイデンティティ

“Man of Steel” の予告編にみるヒーローとアイデンティティ

かつて雑誌のなかでしか見ることのできなかったスーパーヒーローがスクリーンに飛び出してくるのはもちろん痛快なのですが、それにしても数が多すぎはしないかと少し敬遠していたところでした。 しかしこの夏公開予定のスーパーマンの新作、”Man of Steel” の予告編 #3 をみたら期待感がぐぐっと高まってきました。 この映画、ちゃんとスーパーマンがなぜスーパーマンになったのか。そのアイデンティティに切り込んでいることが予告編からうかがえるからです。 What if a...

妖怪と町が一体に。境港の水木しげるロード:鳥取ブロガーツアーその12 #tottorip

妖怪と町が一体に。境港の水木しげるロード:鳥取ブロガーツアーその12 #tottorip

鳥取ブロガーツアー、最後は境港出身の漫画家、水木しげるの記念館と水木しげるロードです。
水木しげるといえば「ゲゲゲの鬼太郎」や「悪魔くん」などの記憶に残る名作ですが「のんのんばあとオレ」や「ゲゲゲの女房」といったドラマの形で知ることができるその人となりもまた魅力です。
その水木しげる記念館を中心として駅から数百mの町自体が妖怪一色となっていて、歩いているだけでもその雰囲気にひたることができます。

境港さかゑやで食べた「新かにめし」は甲殻類グルメの新しいかたち:鳥取ブロガーツアーその11 #tottorip

境港さかゑやで食べた「新かにめし」は甲殻類グルメの新しいかたち:鳥取ブロガーツアーその11 #tottorip

鳥取ブロガーツアーも最終日の午後、最後の目的地である境港についた私たちは昼ごはんに最近生まれた名物という「新かにめし」をいただきに「お食事処 さかゑや」に立ち寄りました。 境港はベニズワイガニの水揚げ量が日本一で、しかも冬のものと思われがちなカニですが、禁漁期の夏の一ヶ月を除けば年中食べることができます。...

1927年から続いている世界一長い科学実験につ…い…に…新展開

ご存知のかたは子供のころからきっと知っている、世界で最も長く続いている科学実験「ピッチドロップ実験」に13年ぶりの変化がついにやってきそうです。
このピッチドロップ実験は「ピッチ」すなわち瀝青という、ほとんど固体にしかみえない物質が実は非常にゆっくりとだけれども液体のように流れ、したたるということを示している実験です。
漏斗に入れられたピッチは1927年の設置以来、8滴がおちただけで、最後の8度目が落下したのは2000年こと。落下の瞬間を目にした人はこれまでだれもいません。