すぐそこにある秘境、三宅島に船でゆく [PR] #tokyo #tokyoreporter #tamashima #miyakejima

2016 年 12 月 20 日

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

東京都には山も島もあるのはご存知だと思いますが、なかなかそうした「隠れた東京」を体験することはまれだと思います。アクセスのしかたがわかりにくかったり、どのような楽しみ方があるのかガイドブックが少なかったりするからです。

そうした隠れた魅力を発掘する、東京都「多摩・島しょ魅力発信事業」のレポーターとして、今回三宅島に派遣されましたので、いくつかの記事にわけて、この関東の目と鼻の先にある秘境についてご紹介したいと思います。

船でのアクセスは驚くほど気楽

三宅島は東京の都心からは南に175kmの距離にある、直径8kmの島です。さまざまな島がありますので距離感がつかめないかもしれませんが、大島の倍くらい、都心からみて静岡のちょっと先くらいの場所にあります。

三宅島に行くには調布飛行場から小型飛行機で1時間で飛ぶ方法と、今回私が体験したように船旅で6時間30分かけてゆく方法があります。

miyakejima-3-1

前の記事 次の記事
堀 正岳 (Masatake E. Hori)
2011年アルファブロガー・アワード受賞。ScanSnapアンバサダー。ブログLifehacking.jp管理人。著書に「ライフハック大全」「知的生活の設計」「リストの魔法」(KADOKAWA)など多数。理学博士。

Categories

Tags