IMG 0969

私たちが行った9月、アイスフィールド・パークウェイは紅葉のシーズンでした。

さすが高緯度、さすがカナダ。まだ日本では残暑だというのに、いきなり晩秋に放り込まれたような光景です。

アイスフィールド・パークウェイ自体が2000m前後の高さにあるので、周囲の山はその中腹で森林限界を迎えます。その斜面の多くは松の一種で覆われていますが、路面から少し上までは黄色いポプラの紅葉で彩られます。IMG 0883

このように、走っているあいだずっと紅葉が目を楽しませてくれます。種類の多い木がさまざまに色づく日本の秋と違い、ここでは紅葉しているのは基本的にポプラの木です。

幹が白くて白樺に見間違えそうになるのはアスペン・ポプラです。葉が広くて輪形をしており、一番目にすることが多いでしょう。

もう一種類はバルサム・ポプラで、こちらは幹がもう少しくすんだ色をしているので見分けがつきます。

IMG 0966

さきほどのアタバスカの滝の近くで、道のまんなかにでて撮影したのがこちら。斜面の上にむかってポプラから、松、そして植物のない世界と、連続しているのがわかると思います。

P9240047

ポプラと交じり合うようにして生えている常緑樹はおそらくはエゾマツかトウヒ、こちらでいう Spruce なのではないかと思います。

この落葉樹と針葉樹の交じり合ったところが風景として美しいんですよね。

IMG 0941

そして山を背景にしてのこの風景。カナディアンロッキーの紅葉シーズンは本当に一瞬のわりに、その夏の天候などで前後にずれることもありますので、なかなか狙って旅行をするのは難しいかもしれませんが、9月後半から10月前半なら、おそらくは見ることができるでしょう。

IMG 0920

そうして紅葉を横目にみていると、ようやく山の斜面にところどころ、見えてくるようになりました。アイスフィールド・パークウェイ前半の目的地、氷河の広がるコロンビア大雪原に近づいてきたのです。

今回のアルバータ州訪問レポートについて

Banner

アルバータ州観光公社の依頼を受けたネタフルのコグレマサトさん(@kogure)のお誘いで参加しています。アルバータ州観光公社には渡航費、宿泊、現地での案内をお世話していただいています。記事の内容はすべて私(@mehori)の見たまま、感じたままに書かせていただいています。Thank you Alberta!

Total
2
Shares

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*